IPOに当選する方法

IPO銘柄が欲しいなら当選確率をあげよう!当選人数を増やす方法と応募する機会を増やす方法がある事を知っていますか?当サイトでは当選確率を上げるための極意を伝授いたします。

IPOに当選するかどうかは証券会社による

IPOを買いたいと思っても買えない場合もあります。
まず、IPO株が売買される仕組みを知っておきましょう。
IPO株は、まず証券会社に割り当てられます。
そして、証券会社は、自社の顧客に対して販売するのですが、このときの方法は証券会社によって異なります。
優良顧客に優先的に割り当てると言ったこともあるようです。
多くの場合には申し込んだ人の間で抽選を行います。
ですから、当選しないと買うことができないわけです。

当選をすれば、公募価格で買うことができますが、この公募価格は安めに設定されていることが多いです。
多くの場合には初値が公募価格を上回りますから、たとえば公開された日の寄りつきで成行注文を入れておけば、その段階で利益を確定させられるケースが多いです。

当選するためには応募しなければなりませんが、応募するためには引受を行った証券会社に口座を開設している必要があります。
証券会社の口座はいくつ解説しても良いですから、IPOを手がけている証券会社には片っ端から口座開設するといった方法も考えられます。
こうすれば当選する可能性は高くなるでしょう。

なお、企業がなぜ安く公募価格を設定するのかというと、これは市場を安定化させるためだと考えられます。
取引が成立するためには買い手と売り手とがいなくてはなりません。
新規上場をする時点で買い手ばかりでは取引が成立しませんから、あらかじめ売り手を確保したいというのは自然なことです。

しかし、公募価格が高いと誰も引き受けてくれないこともあります。
多くの投資家に引き受けてもらうために少し安く設定していると考えられます。
それにしても安すぎると思うくらい初値が高いこともあります。

■IPOについて知りたい方はこのサイト
IPO初値予想.net | IPO初値予想など、新規公開株情報をまとめます!
■自分に合った投資顧問を探したい
投資顧問比較ナビ
■株主優待とはなにか?詳しく載っています
株主優待
■株をはじめる方はこちら
株で失敗する人・成功する人