IPO銘柄が欲しいなら当選確率をあげよう!当選人数を増やす方法と応募する機会を増やす方法がある事を知っていますか?当サイトでは当選確率を上げるための極意を伝授いたします。

日立マクセルの様な不人気IPOは資金が集まらない事も

IPOは一般的に注目度が高くどのような初値がつくにしても、注目を集めやすいものとなっています。
そのため、IPOというのは資金が集まりやすく特に上場したての頃というのは、株価が乱高下しやすいものとなってます。
しかし、必ずしも全てのIPOに資金が集中して盛り上がりを見せるのかというと、人気のあまりないものであった場合資金が集まらずにすぐに閑散としてしまうということも珍しくありません。

日立マクセルはIPOとしては不人気な再上場案件であったため、初値に関しても公開価格を割ってしまいさらにその後も資金が入ってくることなくしばらくの間、日立マクセルは株価が低迷することになってしまいました。
株価というのは期待によって上がるものであるため、どれだけ優れた企業であってもそれ以上の成長がないと判断されればより高い金額で株を買う人がいなくなるので株価が上がりづらくなってしまいます。

そのため、IPOの時点で人気があまりなかった日立マクセルというのは、それだけ株価の面では不利なものとなってしまったのです。
株価というのは俗に人気投票とも例えられることがあるため、注目をして参加をする人が多ければ株価は大きく上下をすることになりますが、注目をする人がいなければ大きく買い上げるという人もいないわけですからジリ貧状態となってしまいます。
このように注目度が高いといわれるIPOであってもその銘柄であったり、その時の地合によってはそれほど人気が出ることなく株価が上がらないということも珍しいことではありません。
そのため、IPOだからといってなんでも参加をするのではなく人気が出そうかどうかということを、よく考えて投資に参加をする必要があります。