IPO銘柄が欲しいなら当選確率をあげよう!当選人数を増やす方法と応募する機会を増やす方法がある事を知っていますか?当サイトでは当選確率を上げるための極意を伝授いたします。

IPOの株価予想と上場日初値後の株価の動き

IPOというのはどのような案件であっても非常に注目度が高い物となっていて、株価予想などもされることが多いものとなっています。
株価予想に関してはそれまでの傾向から、その時の地合などから判断をされるものですがプロであってもピタリと的中させるのは難しく、ちょっとしたことで株価予想の数値から大きく上下することは珍しくありません。

IPOは初値を予想することも難しいものですが、上場日初値後の株価の動きを予想することも難しく、ひとつはっきりといえることはIPOは初値が付いてからの動きも乱高下しやすいというものとなります。
初値高騰が期待できる銘柄がそのまま上昇するかというと必ずしもそのようなことはなく、初値の時点で加熱をしすぎてしまい逆に連日暴落をしてしまうということもあれば、逆に初値が期待できなかった銘柄が大きく公募割れをした結果として、割安感が生まれかいが殺到し連日高騰を繰り返すということも珍しくありません。

もちろん、順当に前評判の高い銘柄が初値も高く更にその後も上昇を続けていくこともあれば、前評判が低い銘柄の場合には最初から株価が停滞するということも多いものとなっています。
しかし、どのような銘柄にしても短期的な需給によって上にも下にも大きく上下するものであるため、リスクをとりたくないのであれば初値がついてから株価が安定するまではしばらく見るに徹するというのも悪いものではありません。
ただし、東証一部の超大型案件などに関しては初値が付いてからも比較的に緩やかな動きとなりやすいので、このような銘柄に関しては早い段階から購入をしてみても損切りのポイントなどをしっかり決めておけばそれほどリスクの大きなものでもないのです。